会社情報

トップメッセージ

 平成28年6月30日付で取締役社長に就任いたしました杉町真でございます。
 日頃より、格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

 平成28年熊本地震によりお亡くなりになられた方々ならびにご遺族に対して謹んでお悔やみを申し上げますとともにご冥福をお祈り致します。また被災された皆様には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興を祈念申し上げます。

 日本地震再保険は、平成28年5月30日をもって創立50周年の節目の年を迎えることができました。これも偏に地震保険制度に携わる関係者の皆様、株主をはじめとするステークホルダーの皆様のご理解とご支援の賜物であり、重ねて厚く御礼申し上げます。

 当社は、地震保険制度発足以来、国内で唯一の家計地震保険の再保険専門会社として、経営理念に「家計地震保険制度の健全な運営を通して、豊かで安全な社会制度の維持・発展に寄与し、広く社会から信頼される企業を目指す。」ことを掲げ、その実現に取り組んでおります。

 我が国は世界有数の地震・火山国であり、地震、噴火、津波による災害が繰り返し発生しています。地震保険はこれらの災害により被災された方々の生活を支える保険として昭和41年に創設され、政府、損害保険会社、当社の三者で再保険制度が築かれ、官民一体となって地震保険金の迅速・確実なお支払いが実現できるよう運営されています。

 当社では、平成27年度からスタートした第4次中期経営計画において「地震再保険金支払態勢の強化に向けて」を掲げ、当社の最重要課題である迅速・確実な地震再保険金支払態勢を確固たるものとするための施策に取り組んでおります。

 これからも、私たちは社会的使命を認識し、地震保険制度の発展に貢献できるように、また、自らの役割と責任を理解し、着実に業務を遂行できるように努力を重ね、ステークホルダーの皆様からより一層信頼される会社を目指して取り組んでまいります。

 皆様におかれましては、変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

平成28年7月
日本地震再保険株式会社
取締役社長 杉町 真